HOME2022年度決算に反対しました (小林ひろみ)10/26最終本会議
主な活動
2022年度決算に反対しました (小林ひろみ)10/26最終本会議
2023.10.30
録画中継はこちら→録画配信 (kensakusystem.jp)
「暮らしが苦しい」区民の声に応えずに、ため込んだ基金507億円! 2022年度 決算に反対

区は、コロナと物価高騰対策などに総額105億円支出したというが、国・都の費用が使われ、区独自の支出はわずか4億円のみ。また、やるべきことをやらずにため込んだ基金は前年度から61億円積み増して507億円と過去最高額を更新。南池袋に建設が始まった2棟の再開発ビルに池袋保健所を再移転する計画に65億円を予定し、池袋駅前などの大規模再開発を区民不在で計画している。批判の多いイケバスに約2億円を支出し、これまでの税金投入は10億円を超えた。
小林ひろみ議員は、「こうしたムダ遣いをやめ、基金の一部を使えば、暮らしが苦しいという切実な区民の声に応えて、子育て、高齢者、中小企業など多くの施策を実現できる」と訴えたものの、2022年度決算認定に反対したのは日本共産党のみだった。

22年度決算本会議討論の内容はこちらから

 

関連タグ:なし